2/07/2011

上海:新年爆竹ナイト

なぜ2/6の大晦日でもなく、元旦でもないこの日に爆竹ナイトとなったのか、これは後で中国人の友達に聞いてみるとして、全くこのとんでもないイベントには少々疲れてしまった。
最初はなんだかお祭り気分だったが、数時間ノンストップで、しかもところかまわず、爆竹が街中にしかけられ、ここはまさに戦場かと思ったくらい。もはや花火なんてきれいなものではなく、ガンショットと爆発で耳も頭も痛いし、火薬の匂い、空気もよどんで、視界がはっきりしない。なんてたって強烈な音に恐怖感さえ感じた。
幸い、4時間たって夜中の2時過ぎにとんでもナイトは完結したようだが、今現在も続く戦場の怖さと平穏でいられない国のことを思わずにはいられなくなった。
なんだかちょっと重くなってしまった新年。

video
家の真向かいの通りに、いつの間にかしかけられた花火。しかも車道のど真ん中に。こわい!